タグ一覧

マンション管理組合と自治会の違いとは

マンション管理組合

似ているけど、違う? マンション管理組合と自治会

分譲マンションを購入したら、区分所有者として自動的にそのマンションの管理組合に加入することになります。これとは別に、同じマンションに任意加入の自治会がある場合もあります。マンション管理組合と自治会は、どう違うのでしょうか?また、マンションを購入して暮らしていくなら、この両方の組織に入らなければならないのでしょうか?

マンション管理組合と自治会は似ているように見えて、実は、異なる性格の組織で、その目的と役割、加入の条件などは大きく違います。今回は、この2つの組織がどのようなものか、またその違いについてお話しします。

マンション管理組合は法律にもとづく組織

まず、マンション管理組合は「建物の区分所有等に関する法律(区分所有法)」にもとづく組織です。分譲マンションの住戸部分は専有部分と呼ばれ、それぞれのオーナー(区分所有者)が所有しますが、マンションの住民みんなが使う廊下や階段、駐車場、また外壁や屋上などの共用部分は区分所有者全員が共同で所有する資産となります。専有部分は各区分所有者が管理やリフォームを行いますが、共用部分は区分所有者全員で共同管理する必要があります。その管理をするための団体をすべての区分所有者で構成することが区分所有法により義務づけられているのです。区分所有法ではその団体名称について規定されていませんが、ほとんどのマンションが用いていることから、ここではこの団体の名称を「管理組合」としています。

したがって、分譲マンションを購入したら、必ず管理組合に加入しなければなりません。いわば、強制加入の団体です。また、管理組合に加入できるのは区分所有者のみで、その家族(共有名義の場合は除く)やマンションを分譲貸ししている場合の賃借人は加入できません。一方、マンションの住戸を所有していながら、そこに住んでいない場合や他人に貸している場合でも、管理組合員であることに変わりはありません。住戸を売却するなどして所有権がなくならない限り、管理組合員であり続けます。
マンション管理組合

マンション管理組合の目的と役割

マンション管理組合の目的は、マンションの共用部分の維持管理です。どのような建物や設備も経年により劣化していきます。もし、管理組合がなければ、マンションのエントランスや階段、廊下などの共用部分は管理されずに放置されることになり、住環境は悪化し資産価値も低下してしまいます。また、管理されずに放置され荒れていく建物やその部分があれば、近隣にも迷惑をかけてしまいます。そんなことにならないよう、マンションを良好な状態で維持していくために、日常的な管理や定期的な大規模修繕工事について具体的に取り決め実行していくのが、管理組合の主な役割です。また、管理や大規模修繕工事にかかる費用は各組合員である区分所有者が負担しますが、その徴収と管理は管理組合で行います。

任意加入の自治会 その目的と役割

マンション管理組合
これに対し、自治会とはどのような組織でしょうか? 管理組合が区分所有者のみの強制加入なのに対して、自治会は希望する人が入れる任意加入の団体で、町会や町内会と同様の組織となります。そのため、マンション以外に地域の自治会や町内会などもあり、マンション全体または希望する住民で地域の町内会に加入していたり、新たにマンションで自治会を立ち上げるといったケースなど、地域性やマンションの規模によって形態が異なります。大規模なマンションでは、そのマンション単体で一つの自治会を構成することもあるので、その場合には管理組合と混同しやすいかもしれません。

自治会の目的は住民間の親睦やコミュニケーションの活性化を図ることで、お祭りや避難訓練などを主催したり、地域の清掃などボランティア活動を行う自治会が多いようです。これらは地域やマンションをより暮らしやすくするための活動といえますね。また、戸建て住宅地で構成される自治会・町内会では、ごみ集積所を管理するごみ当番が輪番制で回ってくることが多いですが、大半のマンションではこうした業務を管理会社に委託しているので、ごみ当番というものはないケースが多いでしょう。

管理組合はマンションの維持管理に欠かせない組織ですが、区分所有者の家族や賃借人も加入できる自治会はマンションや地域の住民間の交流や助け合いを考える上で、有意義な組織です。もし自治会に加入しない場合、ゴミ当番のように、加入しなければゴミ出しがしにくいといった、毎日の生活に直結する困りごとは起こらないかもしれませんが、大きな自然災害が多発している近年、自主防災組織の重要性が指摘され、その母体となるのが自治会です。度重なる自然災害から、住民同士のコミュニケーションの大切さを再認識された方も多いのではないでしょうか。

このように管理組合と自治会は異なるものですが、安心で快適なマンションライフのためには、いずれの組織も実際に有効に機能し、お互いの連携が取れていることが大切です。それぞれの役割と活動実態を理解し、自治会への加入も主体的に判断し積極的におこなっていくと良いでしょう。


★あわせて読みたい! 仙台にあるタワーマンション管理組合の取組事例
管理組合に聞く タワーマンションにおける防災と大規模修繕への取り組み?ライオンズタワー仙台広瀬?

《この記事のライター》
大塚 麻里絵
埼玉県出身 東京理科大学理工学部建築学科卒業
一級建築施工管理技士を有し、大規模修繕工事現場にも従事した経験のある女性技術者・ライター

(2019年12月27日記事更新)

おすすめコンテンツ