タグ一覧

マンション大規模修繕で省エネ対策 遮熱塗料と断熱塗料

マンション大規模修繕

外壁の塗装メンテナンスで省エネ対策

マンションの建物を良好な状態に保つためには定期的な大規模修繕工事が欠かせません。
マンションが存続する限り大規模修繕工事は何度も行うことになりますが、ほぼ毎回必要となるのが、外装の大半を占める外壁のメンテナンスです。
そのため、外壁メンテナンスはマンション大規模修繕工事のカギともいえますが、特に塗装仕上げのマンションではメンテナンスの基本は塗装の塗り替えになります。タイル仕上げのマンションでも、天井や手すり壁の内側など、塗装仕上げの部分はある程度あります。

外壁の塗装メンテナンスの主な目的はコンクリート躯体の保護と美観の維持ですが、近年、外壁塗装に使う塗料には、さらに性能をプラスしたものが増えました。そのなかでも、特に注目されているのが遮熱性能や断熱性能がある塗料です。

遮熱や断熱といえば、省エネ対策になりそうです。特に近年は猛暑の夏が続き、住居を少しでも涼しくしたい人は多いと思います。また、一年を通して冷暖房の効率もよくできればいいですね。

大規模修繕工事の外壁塗装に遮熱塗料や断熱塗料を使えば、省エネ効果が期待でき、より快適に暮らせるのでしょうか。そもそも遮熱と断熱はどう違うのでしょう。加えて、遮熱塗料と断熱塗料とは、どのようなものなのか知りたいところです。

今回は、遮熱塗料と断熱塗料の違いや性能についてお話ししたいと思います。
マンション大規模修繕

遮熱と断熱、遮熱塗料と断熱塗料の違い

遮熱と断熱は混同されることも多いのですが、似て非なるものです。
少し難しい話になりますが、その違いについて簡単に説明しましょう。

まず、「放射」とは、暖かいものや冷たいものの近くにいると、その温度に応じて暖かさや冷たさをじんわりと感じます。
これが「放射」です。これを建物に置き換えて考えると、壁や天井の温度によって、屋内で暖かさや冷たさを感じるとういことです。また、太陽の光が直接差し込む窓では、太陽光に含まれる近赤外線による長波長放射が、屋内に暖かさをもたらします。

次に、遮熱とは、太陽光に含まれる近赤外線を反射(遮断)させることをいいます。近赤外線による長波長放射が、人に熱を感じさせます。また、近赤外線により熱くなった面から放射される熱を室内に入れないようにすることも含まれます。

これに対し、断熱は、壁の中を通る熱の量を小さくし、屋外と屋内の熱のやりとりを少なくすることで室内側の天井や壁の表面温度を保ちます。この違いをそれぞれの塗料の性能に置き換えましょう。
マンション大規模修繕
遮熱塗料は、近赤外線を遮断することから高日射反射率塗料ともいわれ、近赤外線を反射させることで、室内の温度が上がるのを抑えます。
熱は高い方から低い方へ流れる性質があり、遮熱塗料には、夏期には外部からの熱を室内に伝わりにくくする機能があります。しかし、冬期に室内の熱が外に出ていくことを防ぐ「保温」の効果はありません。
したがって、寒い時期よりも、室内を涼しく保ちたい暑い夏に効果を発揮します。
マンション大規模修繕
一方、断熱塗料は、その塗膜の内部を近赤外線がゆっくりと伝わることで、室内に入ってくる熱の量が小さくなります。
いわば、塗膜が断熱材のように熱を溜め込むのです。いったん暖まった塗膜は冷めにくく、一年を通して保温効果があり、冬には室内を暖かく保つことができます。
しかしながら、断熱塗料には塗装による塗膜はうすく、スタイロフォームや発泡ウレタンなどの断熱材などと比べると、あまり大きな効果は期待できないともいわれています。
また、新築当時からしっかりと断熱されている建物の場合には、断熱層の上にさらに断熱塗装をしても効果の上乗せは期待できないかもしれません。
マンション大規模修繕

遮熱塗料で夏を快適に

こうしてみると、遮熱塗料と断熱塗料はそれぞれ特徴が異なります。性能を生かすには、目的に応じて使い分けるのがよさそうですね。暑い夏に室内を少しでも涼しくしたい場合には、断熱塗料よりも遮熱塗料の方が向いているといえます。
既に断熱材により断熱性があるマンションであれば、遮熱塗装をプラスすることで、冬・夏ともに、より過ごしやすい居住空間にできます。また、遮熱塗料の塗膜は熱を溜め込まないので、室内だけでなくマンション周辺の気温上昇を抑え、ヒートアイランド現象の防止にもつながります。

一方で、冬期に熱が逃げることも防ぎたい場合には、現在の断熱材の状況を確認した上で、断熱塗装を行うことも良いでしょう。
これらを踏まえて、大規模修繕工事にあわせて、外壁の遮熱・断熱塗装を検討してはいかがでしょうか。遮熱・断熱効果を加えることで、マンションの省エネルギー性能が高まります。

マンションの大規模修繕工事は、必要最低限の修理やメンテナンスをするだけではなく、住居としての性能や価値を向上させるチャンスでもあります。工事の仕様とマンションの現況を確認し、設計者や施工会社とよく相談の上、最適な外壁メンテナンスを行うようにしてください。


《この記事のライター》
大塚 麻里絵
埼玉県出身 東京理科大学理工学部建築学科卒業
一級建築施工管理技士を有し、大規模修繕工事現場にも従事した経験のある女性技術者・ライター

(2019年8月2日記事更新)

おすすめコンテンツ