タグ一覧

マンション管理組合の役員って何をするの? マンションの資産価値を維持しよう

マンション管理組合 役員

マンションを購入したら、いつかは役員に?

分譲マンションを購入して区分所有者になったら、誰でもいつかはマンション管理組合の役員に選ばれる可能性があります。分譲マンションの共用部分は住民みんなの共有財産であるため、その管理は区分所有者とその他の住民が全員で行うものとされています。マンションの資産価値と住宅としての性能を良好に維持していくには、共用部分のしっかりとした管理が欠かせません。このマンション管理をしっかりスムーズに行えるように調整や手配をすることが管理組合の役員に求められます。
そうはいっても、マンション管理組合やその役員の具体的な役割について、ピンとこない人も多いかもしれません。そこで、マンション管理組合の役員の仕事とはどのようなものか知っておきましょう。

マンション管理組合の理事会とは、どんな組織?

マンション管理組合の役員は「理事」とも呼ばれます。それは、管理組合の理事会を構成するメンバーだからです。つまり、実質的には役員が理事会を動かしていくのですが、ここで、マンション管理組合の理事会について説明しておきましょう。
マンション管理組合はすべての区分所有者によって構成されます。つまり、マンションを購入すると自動的に管理組合に加入し、マンション管理の主体者になります。 とはいえ、管理などに関するすべてについて、つねに所有者全員が集まり話し合いをするのは現実的にはむずかしいものです。そこで、管理組合員の中から数人の代表者を選んで理事会を結成し、この理事会での話し合いを通し共用部分の維持管理や管理組合の運営を行います。例えば、共用部の清掃などは管理会社が行うのが一般的ですが、これは管理会社がマンション管理組合からの委託業務として行っているものです。委託する業務内容の検討や見積金額の確認など、実質的な細かい業務は理事会が行います。

マンション管理組合理事会の構成と役職

理事会の人数はそれぞれのマンションの規約によって違いますが、一般的に次のような役割を持つ役職により構成されます。

・理事長:管理組合を代表し、区分所有法による「管理者」にあたる
・副理事長:理事長を補佐し、理事長の不在時にはその代行をする
・監事:マンション管理の内容や管理組合の財務状況をチェックする
・理事:会計や防災など、それぞれの管理組合に応じて必要な業務を行う。担当業務別に複数人選出されるのが一般的

これらのほかに、理事(役員)の役割は必要に応じて決めることができます。

マンション管理組合役員の仕事とは

マンション管理組合 役員
こうした理事会のメンバー(役員)は具体的にはどのような活動をするのでしょうか。役員が行うべき活動には次のようなものがあります。

・理事会への出席
役員(理事)は月1回程度の理事会に出席する義務があります。そこでは、管理会社からの月ごとの管理費や修繕積立金の会計報告を受けたり、以下のような項目について話し合ったりします。

・管理会社とのやり取り
管理会社への業務委託や管理会社からの業務報告のチェック、契約手続きなど、管理組合の窓口として調整や折衝を行います。

・住民からの意見・苦情の対応
集合住宅の生活の中で発生する住民からのクレームや住民間のトラブルに対応し、適切な処理や解決を目指します。

・マンションの現況確認
マンション内の現状をチェックし、問題があれば、それにあわせて管理規約や長期修繕計画などの確認、見直しを行います。

・住民間のコミュケーションづくり
住民の良好な人間関係はマンション管理の基礎となるもの。住民間のコミュケーションや親睦を深めるための活動を行います。広報誌を発行したり、お祭りなどのイベントを企画したりする場合もあります。

・総会の開催
マンション管理組合では、年に1度、すべての組合員が出席する総会を開き、1年分の管理費や修繕積立金の会計報告を行い、次年度の予算などの決議を図ります。積立金の変更など重要な議題については、理事会で決めるのではなく、総会で承認を得る必要があります。

管理組合役員の仕事はマンションの資産価値と住みやすさを維持する上で重要なものばかりです。すぐに役員になることがなくても、役員の仕事を知ることでマンション管理の知識が深まり、自身が暮らしやすいマンションづくりにもつながりそうですね。また、実際にご自身が役員をやるとなった時には、面倒だなと思ってしまうかもしれませんが、ご自身のマンションの維持管理状況を詳しく見られる機会でもあります。前向きに捉えて主体的に取り組んでいきたいものです。

《この記事のライター》
大塚 麻里絵
埼玉県出身 東京理科大学理工学部建築学科卒業
一級建築施工管理技士を有し、大規模修繕工事現場にも従事した経験のある女性技術者・ライター

(2020年1月31日記事更新)

おすすめコンテンツ