土木事業

土木構造物も「維持」の時代へ

土木構造物の「維持・修繕」「予防保全」に向けて調査から点検、診断、計画、対策までトータルでプランニングし、品質、安全にこだわり常にベストを追求します。
流通の重要なインフラであるトンネル・ボックスカルパートや橋梁・高架橋に重大な損害が発生する前に予防的な保全処理を行い、ライフサイクルコストの低減と利用者の安全とインフラの美観に貢献します。
調査から下地処理・ひび割れ補修・断面修復、補修や補強工事までを一貫しておまかせください。

コンクリート構造物の調査・診断

構造物は様々な要因で劣化します。
その劣化原因を確かな根拠に基づき見極め、最適な方法で適切な処置を講ずることにより構造物としての寿命を延ばすことが可能です。
コンクリートを調査・診断し、補修・補強を行うことによって、我々の貴重な財産をより永く共用していくことは、意義深き社会貢献のひとつと言えるでしょう。

トンネル関連工事

詳細はこちら

水処理施設関連

詳細はこちら

橋梁関連

詳細はこちら

その他コンクリート構造物

詳細はこちら

構造物の調査・診断

流通の重要なインフラであるトンネル・ボックスカルパートや橋梁・高架橋に重大な損害が発生する前に、予防的な保全処理を行い、ライフサイクルコストの低減と利用者の安全とインフラの美観に貢献します。調査から下地処理・ひび割れ補修・断面修復、補修や補強工事まで一貫してお任せください。

■はく落防止対策工法

コンクリートの構造物の変状により、かぶりコンクリート片の落下を未然に防ぐ予防保全の内、コンクリート表面にはく落防止性能を有する層を形成させます。連続繊維シート工、無機系塗装工、ウレタン吹付工、目地部の小片はく落防止工(トンネル目地部)などがあり当社が得意とする工事です。

トンネルの連続繊維シート工

トンネルの連続繊維シート工

橋梁の点検調査工

橋梁の点検調査工

トンネルの小片はく落防止対策工

トンネルの小片はく落防止対策工

■コンクリート表面被覆工法

コンクリートの劣化要因である水・酸素・炭酸ガス等の浸透を抑制する工法です。トンネルやボックスカルバートの壁面、橋梁の橋台・橋脚・地覆などで表面被覆工、無機系塗装工(視線誘導)、ウレタン吹付工等、様々な箇所で実績があります。

橋梁内高欄のウレタン吹付工

橋梁内高欄のウレタン吹付工

橋台壁面のコンクリート表面被覆工

橋台壁面のコンクリート表面被覆工

■コンクリート表面含浸工

コンクリートの外観を変えることなく、水・酸素・炭酸ガス等の浸透を抑制する工法です。シラン系表面含浸工法、けい酸塩系表面含浸工法どちらでも実績があり、高い信頼を頂いております。

トンネルのシラン系表面含浸工

トンネルのシラン系表面含浸工

シラン系表面含浸材の撥水状況

シラン系表面含浸材の撥水状況

■各種補修工

コンクリート構造物の劣化部を取り除き、モルタルを充填し構造物を健全化する断面修復工は左官工、吹付工、打込み工等があり、確かな技術で構造物を修復します。また、ひび割れ部には注入型や塗布型のひび割れ補修工によって、劣化因子の侵入を防止させます。

壁面への断面修復工(吹付工)

壁面への断面修復工(吹付工)

コンクリート床版のひび割れ補修(注入型)

コンクリート床版のひび割れ補修(注入型)

■事前処理工

構造物表面の劣化部を取り除くブラスト工法やウォータージェット工法、ケレン工等において、優れた実績があります。また劣化部が内部へ侵食した場合においてもウォータージェット工法やチッピング工によるはつり処理・削孔処理で適切に対応できます。

橋梁床版表面へのウォータージェット工法

橋梁床版表面へのウォータージェット工法

橋台表層部へのウォータージェット工法

橋台表層部へのウォータージェット工法

■その他工法

  • 橋脚への落書き防止対策塗装

  • 高塗着スプレー工法

  • 水再生センター内部での防食ライニング工

  • 炭素繊維補強工

  • 護岸での壁面修景と床面遮熱塗装工

  • 沓への亜鉛溶射工

  • 循環式エアブラスト工法

  • 護岸の水位標

  •  

■各土木事業の詳細情報はこちら

Go Top