05

T.M  (2013年入社) 土木リニューアル事業部

コンクリート構造物の維持管理において、
最先端の技術を持つ技術者を目指す。

PROFILE

私は現在、高速道路橋梁補修工事の現場代理人を務めています。入社3年目で初めて現場代理人を任せていただき、入社6年目の現在では3度目の現場代理人として工事を行っています。入社1・2年目の指示をもらい動く立場から、指示して現場を動かす立場に変わり、工事の難しさを感じながらも、自分で工事を進めていくことの充実感を感じています。また、資格取得にも積極的に取り組み、二級建築士、一級土木施工管理技士、コンクリート診断士等を取得し、1人前の技術者となるために励んでいます。

この仕事が好き、一番うれしかったエピソード

この仕事が好き、一番うれしかったエピソード

入社2年目に土木リニューアル事業部という部署が立ち上がり、私もその一員として働き始めました。入社3年目には高速道路補修工事の現場代理人を務めさせていただき、初めてで分からないことだらけでしたが、無事工期内に工事を終えることができ、発注者から評価していただき、2度目の現場代理人では発注者から優良工事表彰をいただき、自分の行った仕事を評価していただけたことが嬉しかったです。

私が建装工業を選んだ理由

私が建装工業を選んだ理由

就職活動をはじめた当初は、ゼネコンやハウスメーカーなども選択肢として考えていました。最終的に建装工業㈱を選んだのは、企業説明会で先輩社員の話を聞き、今後の市場の流れとしてリニューアル工事の需要が増えるというところを知り、リニューアルの分野に力をいれている建装工業㈱に魅力を感じ入社を決めました。

先輩から就職活動アドバイス

先輩から就職活動アドバイス

就職活動では様々な情報の中から1つの会社を選ぶ難しさを感じると思います。私の就職活動ではネット上の情報だけでなく、企業説明会での情報や雰囲気などに注目していました。今後の市場の流れではリニューアルの分野の需要が増えてくると予想されるので、ゼネコン・ハウスメーカーを考えている人も一度説明会に参加していただければと思います。