06

T.T  (2015年入社) 土木リニューアル事業部

T.Tイメージ

PROFILE

学生時代から建設業界に興味があり、大学は建築学科がある大学への進学を決めました。大学時代は、都市計画や建築計画について学びました。就職活動では、施工管理に興味があり建築や土木の分野を中心に様々な企業を回りました。その中でも長い歴史と多くの実績のある建装工業であればより深い経験が出来ると思い入社を決めました。

現在の仕事内容

現在の仕事内容

入社後は、近年新設された土木リニューアル事業部の工事部に配属。主な業務内容はトンネルや橋梁等リニューアル工事の品質・安全・工程等を管理して現場を滞りなく進める事です。1年目では東名高速道路の補修工事に携わり、先輩社員から品質・安全といった現場のノウハウを学びました。2年目からは現場を離れISO取得を目的としたISO・品質管理部に移り、社内基準等の業務を担当。4年目からは工事部に戻り、現在は現場代理人として、品質・工程など施工管理全般に携わっております。仕事で心掛けている事は、『安全第一』で工事を完了させること。品質や工程、原価管理も重要な事ですが、どの現場でも危険が伴います。現場管理者として、工事に係る作業員の命を危険から守ることが大切だと思い、計画から安全性を考慮して無事故無災害で工事を完了できるよう心掛けております。

仕事をしていて嬉しかったこと

仕事をしていて嬉しかったこと

仕事で喜びを感じる瞬間は、無事故無災害で工事完了を迎えた瞬間です。橋梁補修の現場では工事期間が長いものだと2年から3年程あり、長期間での施工となります。もちろん施工管理の中で大変な事もありますが、工事完了時の達成感は何ものにも代え難い瞬間です。補修後も構造物は長い年月目見える形で残る為、担当した構造物を目にするたび当時の達成感を思い出します。またお客様から工事完了後労いの言葉をいただくことも喜びを感じる瞬間の1つです。

今後の目標

今後の目標

現在、橋梁・トンネル等の土木構造物は高齢化が進み、維持補修の位置付けが高まっています。補修が必要な構造物は全国各地にあり、適切なメンテナンスが行われず補修されていない構造物は今後大惨事に繋がる恐れがあります。土木リニューアル事業部では、NEXCO・首都高など高速道路に係る工事を多く受注しております。現場代理人としてまだ駆け出しではありますが、今後様々な工事に携わり知識を身に付け、多くの物件で実績を積むことが現在の目標です。多くの方が利用するインフラ整備を行う事で社会貢献をしたいと考えています。