マンションリニューアル事業

設備工事

マンション設備は毎日の暮らしに欠かせないライフラインでありながら、建築や内装に比べて視覚的に気づきにくいものですが、掛け替えのない資産として快適な環境・状態を保つためには、早期の検討が何より不可欠といえます。マンション設備におけましても、企画から設計、施工、アフターメンテナンスまで建装工業は居住者の皆様のご要望・ご期待に万全のクオリティーでお応えいたします。

給水・給湯設備改修工事

ライフラインシステムの生命線ともいえる給水・給湯設備は、常に適正な水量・水圧・水質を保つことが必須となります。経年劣化等によるトラブルの避けられなくなった給水管・給湯管を更新・更生する工事です。
またポンプ類やタンク類を改修する給水方式を変更する工事も行います。

 
 

排水・通気設備改修工事

体内の廃棄物を体外に排出して健康で美しい身体を保つ人間と同様に、マンションも排水・通気は日々の快適な暮らしを維持するために欠かせないものです。経年劣化による漏水及び排水不良や悪臭のトラブルの避けられなくなった排水管・通気管を更新・更生する工事です。
また建物内の排水管だけでなく、1階床下にある土間配管を改修する床下掘削
工法や外構となる埋設排水管の更新・更生工事も行います。

 
 

専有部内工事

給水管や排水管は給水装置から各住戸内の水栓類、衛生器具類から排水桝と繋がっており、これらの更新・更生工事を実施するために専有部(住戸内)へ入室して行う工事が発生します。居住者の皆様には数日間の在宅対応が伴います。
入室作業は配管類の更新・更生工事だけでなく、内装材の壁・床・天井の建築工事も行います。

 
 

専有部内工事に伴う居住者負担によるオプション工事

数日間の入室作業の期間内に(一部追加日数が発生)、工事範囲・作業内容によっては衛生器具類や内装工事といった個人で行うリフォーム工事を併せて実施することが可能になります。コストメリットや折角の機会としてご要望される居住者様も数多くいらっしゃいます。

 
 

消火設備改修工事

安心・安全なマンションライフのために、万一の事態に備えてマンションには様々な消防用設備があります。万全な消火設備体制をとるために、消防法による法定点検にて劣化・不具合箇所が見つかれば、屋内消火栓や連結送水管等の消防用設備を更新する工事です。

電気設備改修工事

給水設備、排水設備と並んで、マンションのライフラインとして不可欠なのが電気設備です。強電設備、弱電設備、情報設備等がありますが、近年は情報機器のマルチメディア化・IT化等の電気を取り巻く環境レベルも飛躍的に拡充しています。そうした最新の利便性や快適性を享受するために、電気設備のグレードアップする改修工事を行います。

調査・診断(設備)

さまざまな病気の早期発見や早期治療のために、健康診断は大きな役割を担っています。マンションも経年とともに給水設備や排水設備等においても、いつまでも健康な状態を保つために適切な調査・診断を行います。また診断結果により単なる修復レベルではなく、資産価値向上や管理組合様のライフサイクルコストを踏まえる長期的な展望に立った最適なリニューアル計画を提案いたします。

 
 

■各マンションリニューアル事業の詳細情報はこちら

Go Top