採用情報

創業113年を迎えた現在、リフォーム・リノベーションという
維持修繕工事を主力事業として今も安定成長を続けています

日本における建設投資額が伸び悩んでいるなかで、今成長しているのがリフォーム・リノベーションといった維持修繕工事です
当社は昭和40年代から都営住宅の外壁改修を手がけ始め、長年にわたり蓄積したノウハウを現在はマンションニリューアルに活かし、このリニューアル部門ではトップクラスの実績を有しています。

一生に一度の大きな買い物であるマンションも年数が経つと劣化し、資産価値が低下していきます。当社ではグレードアップを視野に入れたリニューアルを提案、施工しています。
当社は創業113年を迎えましたが、常に時代のニーズを的確にとらえ成長発展してきました。こうしたなか当社は社員個々の意識や技術力の向上が当社の未来を創造していくと考え、研修制度やフォロー体制を充実させ若い社員にもどんどん仕事を任せます。
自主性、ヤル気、お客様の頼れるパートナーとなれる方、応募をお待ちしております。

事 業 内 容

創業113年、大きな事業セグメントは3つ、
完成工事高414億円

建装工業の事業セグメントは、マンションリニューアル事業、塗装事業、土木リニューアル事業の3つです。これらの事業分野の共通テーマは「リニューアル」です。建造物を維持・修繕する技術においてはトップランナーでありたい。スクラップアンドビルドからストックメンテナンスへ、時代の変化に柔軟に対応できる企業として、建設業の新しいフィールドを築きます。

マンションリニューアル事業

日本トップクラスの工事実績

マンションは12年~15年に一度、大規模な修繕工事(リニューアル)を必要としています。
そのままでは資産価値の低下ともなるため。お客様のご要望に合わせて外壁、防水、給排水設備の改修など総合的に大規模修繕を実施し、資産価値を維持・向上させることが私たちの仕事です。マンション大規模修繕の工事実績は日本トップクラスです。超高層マンション対応や耐震補強などでも活躍しています。

○マンションの共有部分の大規模修繕(リニューアル)

  • ・外壁や建物大体の補修
  • ・屋上やベランダの防水補修
  • ・床・長尺シートの張替
  • ・給排水設備の更新工事
  • ・玄関ホール等のリノベーション
  • ・電気設備、配管の更新工事

○マンションの専有部(室内等)のリフォーム

  • ・システムキッチンへのリフォーム
  • ・ライフスタイルの変化に伴う居住空間の設計変更・施工
  • ・バリヤフリー化による安全対策

塗装事業

日本の大規模な建築・建造物を数多く手掛けた実績があります。

日本のインフラ整備を担う建装工業の塗装事業。各地の建造物(ビル、工場、タンク、橋梁、鉄塔など)を塗装します。 超高層ビル建設における塗装工事、巨大な石油備蓄タンクの塗装工事、 有名なテーマパークでの塗装工事、大規模な橋梁での塗装工事など、 様々なシーンで建装工業の塗装技術が役に立っています。 日本一の高さとなったタワーの工事にも参加しています。

○新築ビルや建物の塗装工事
○橋梁・鋼構造物の塗装工事
○各種プラント塗装工事
○原子力・火力・水力発電所関連施設の塗装工事

土木リニューアル事業

需要が増大するインフラ整備への対応です。

コンクリートの寿命が40~50年言われるなか、昭和40~50年代に多く建設された高速道路が老齢化し、長期的な保全事業(適切な点検と集中的な補修・補強)が必要な時代となりました。
当社ではコンクリート防食やトンネル内壁の剥落防止等インフラ整備事業に積極的に取り組んでいます。
この分野の需要は今後も拡大が予想されますが、これまで当社が長年にわたり培ってきた技術と経験がこれからの社会に役に立つものと考えます。トンネルや高架橋などのコンクリート建造物の劣化防止、剥落防止、長寿命化対策など、流通のインフラを守ります。

○高速道路等におけるコンクリート防食工事
○トンネル内壁の剥落防止工事

先輩の声

働く環境

職場の雰囲気

お客様から竣工時に皆さんに会えなくなるのは寂しいと言われるほど人との関係を大切にしています。

マンションリニューアルでは
住んでいる子供を対象とした
安全に関する説明会を
行うこともあります。

マンションリニューアルの竣工時に
感謝状や手作りの
表彰状を頂くことがあります。
お客様からの感謝の言葉が
やりがいにつながります。

工事着工時前には工事担当者が
お客様(住民の方々)に
直接工事の説明をします。

一般の建設現場ではお客様が現場事務所に来られるようなことは少ないのですがマンリョンリニューアルでは良く来られます。
理由は、マンションリニューアルの現場事務所はお客様との情報交換の場所でもあるからです。
ですから現場事務所は出来るだけお客様が入りやすい環境にしています。そこに在籍している当社スタッフは現場の所長から若手スタッフに至るまで、コミュニケーション作りを心がけています。よって、必然的に社員間の人間関係も築かれていきます。
学生の皆さんは、所長=怖い というイメージがあるかもしれませんが、当社の現場では 所長=たよれる人 こんなイメージが強いかもれしません。
当社のマンションリニューアルの現場では、工事をお客様の目線で見る様心がけています。それは、お客様の安全、快適性に配慮して工事を進めるためには、お客様の目線で工事を見ることも大切なと事と考えるからです。ある意味、サービス業的な工事の進め方ともいえるかもしれません。
作業員(職人)の方々にもこのサービス業的な意識を持つ様指導しています。
お客様(住民の方)が作業員の方々で召し上がってくださいと、大きな鍋一杯にカレーを持って来られた、なんて云うエピソードがあるほど、当社のマンションリニューアルの現場ではお客様と工事担当者の関係がとても近いものとなっています。

働く仲間

互いに助け合い・競い合う。時にはライバルにもなる仲間ですが普段は互いに助け合う仲間です。

  • 新入社員研修での現場見学

  • 同期で行ったバイキング

  • 新入社員研修

同期入社の仲間は互いに助け合い励まし合う良き仲間です。入社してすぐ始まる新入社員研修は約2週間あります。この機関同期入社の二十数名が毎日一緒に生活している間に自然に連帯感ができてきます。
性格はひとそれぞれ、いろいろなタイプの人がいるのですがいつのまにかその人の癖、得意なこと、不得意なところが分かってきます。そうすると団体行動をするのに必要なチームワークが出来上がってきます。互いに仲間を気遣い、分からない人には分かった人が教えたりする様になります。この仲間意識は何年たっても変わらないものです。

その後、入社4年後に行われる「入社4年次研修」で全員が一堂に会した時、取得した資格や、担当した職務等を話し合っているうちに何故かライバル意識が沸いてきます。でも、これが良い発奮材料となり、資格の取得や、未経験の職務へのチャレンジもつながって行きます。
本当に大切な仲間です。

また、現場には自分より年上の作業員(職人)がいます。時には、なんでお前みたいな若造が、などと云われることもあります。自分が生まれる前から仕事をしている作業員から見れば、入社早々の若造に何が分かるか、と思われるのも仕方ないことです。
しかし、相手もプロです。仕事をする上での目的は互いに同じ、いかにして良い仕事をするかです。ポイントはいかにして心が通じる様になるかです。心が通じれば、これほど頼りになる人はいないと思えるほど心強い仲間です。

研修制度/福利厚生

研修・教育

新入社員研修から始まり、フォローアップ研修、塗装技術研修、階層別研修、コンプライアンス研修など様々な研修プログラムがあります。経験能力に応じた研修に参加できます。
また、資格の取得をバックアップするために受験費用の援助、教材の選定、社内演習などもあります。

  • 現場での作業状況説明

  • 現場での安全研修

  • 新入社員研修での現場見学

福利厚生

資格取得=各種資格取得奨励金並びに費用補助
制度=各種社会保険、財形貯蓄、社員持ち株会
施設=独身寮(ワンルームマンションを借り上げるのが基本ですが地域によってはアパートの場合もあり)
海外研修旅行、新入社員帰省旅費補助、進学補助金、保養所、配偶者の人間ドック補助
永年勤続表彰、記念日休暇制度

求人への応募・エントリーはこちら

【新卒採用】

2017年度新卒採用は随時受付中です。
リクナビよりエントリーをお願いします。

>リクナビへのエントリーはこちら

【キャリア採用】

キャリア採用をご希望の方は、希望職種を明記の上、履歴書と職務経歴書の2点をご郵送ください。

送付先

〒105-0003 東京都港区西新橋3-11-1

建装工業株式会社 管理本部 採用担当

Go Top