採用情報

先輩の声

R.M(2012年入社)

首都圏マンションリニューアル事業部 工事部
職種 施工管理
出身校 東洋大学
出身学部 工学部 建築学科
専攻分野 土木・建築系

マンションの大規模修繕工事の現場担当者

私は工事全体の流れを作っていく仕事をしています。具体的には工事の流れの「基」となる工程表の作成。また、滞りなく工事を流すために協力業者の手配や、材料の発注を主に行っております。
そして、なんといってもマンションの修繕工事はお客様が住んでいる中での工事という事もあり、お客様へお知らせの作成や、お問い合わせ対応なども私の仕事です。工事という流れを止めないために、まずお客様へ工事情報を周知し、作業員と作業内容や作業範囲を打ち合わせを行い実行していきます。自分自身が実際に工事に手を加えることはありませんが、自分が作った流れで工事が進んだときはうれしいものです。

入社を決めた理由を教えてください。

時代の流れ、修繕の流れに乗れる場所(会社)だと感じて

入社を決めた一番の理由は会社の長い歴史です。修繕に興味があると大学の教授に話したところ建装工業を薦められました。もともと修繕工事に興味をもっていた私は修繕に長い歴史をもつ建装工業に興味を持ちました。
世の中が「新しくものを建てる時代から、古いものを直して使う時代に変わろうとしている」そんな流れに乗ってみたいな。そしていつかその波を作っていきたい。そんな思いで私は建装工業を選びました。

メッセージ&アドバイス

自分が理想とする自分に合った仕事探し

就活を始めてすぐの頃は、どんな職種があるのか、それは具体的にどんな仕事をするのかなど分からないことがたくさんあると思います。まずは、多くの会社説明会や合同説明会に参加したり、セミナーに参加したりして、情報収集をすると良いと思います。 それから、自分は将来どういう人間になりたいかということをイメージし、自己分析をしながら、それを可能にできそうな職種の会社説明会に参加し、そこで様々な情報を得たら、自分のしたいことと、その会社で自分がするであろう仕事にギャップがないか確認すると良いと思います。
自己分析で悩んだ時は、自分を知っているのは自分だけではなく、友達、家族、先輩、後輩などが客観的に自分を見てくれているので、こういった周りの人に聞いてみるのも良いと思います。自分で自分を探そうとすると、どうしても立ち止まってしまいます。そうではなくて、いろんな人に自分から会いに行って、常に動くことを心がけた方が良いこともあります。 そんなあなたが選んだ会社なら大丈夫と自分を信じてみたらどうでしょうか。

今後の目標・将来の夢

すべてを見渡せる大所長の前に、すべてを見渡せる大所長の心構えを。

大所長になる前に、「なったらどうなるのか、ならなければいけないのか、何をすれば大所長なのか」などなど、ただなることを目指すのではなくて、何を目的にするのかを明確にしたいと思います。

仕事の特徴

  • 01.人と接する力を磨ける、コミュニケーション能力必須の仕事
  • 02.自分のアイデア・企画が生かせる仕事
  • 03.リーダーシップを発揮できる仕事
  • 04.技術を身につけて活躍できる仕事
  • 05.お客様の喜びを直に感じられる仕事
Go Top