100年の歴史と誇り

開拓期

昭和4年~昭和19年(1929-1944)

昭和6年(1931)髙橋夘之助が代表者に就任
国鉄の駅舎や私鉄各社、日本無線電信㈱(のちのKDDI)、北越製紙の工場塗装工事などを手がける。
昭和12年(1937)頃、戦時色が強くなり主に航空機用の電気機器類を生産していた国産電機などの軍需工場の塗装工事を手掛けていった。
このとき国産電機の社長が関西ペイント社長も兼任していたことから関西ペイントとのパイプを強め、今後の品不足を予想して沼津市郊外に大量の材料を確保することが出来た。
現場視察団長として(安全パトロール)清水組(のちの清水建設)が国産電機の塗装現場を見て、同社が請け負っていた海軍工場をはじめとする工場塗装を髙橋延吉商店で引き受けてほしいと依頼があった。
そして昭和20年(1945)日本は終戦を迎えることとなる。
この昭和初期に新規取引先が増え、実績と信頼を高めたことが、戦後復興期に成長するきっかけとなっていった。

昭和初期の建築風景
昭和初期の日比谷界隈

■100年の歴史と誇り

Go Top