03

K.S  (2015年入社) 首都圏マンションリニューアル事業部

社外との密な連携と
お客様への誠実な対応が受注の鍵。

K.Sイメージ

PROFILE

大学時代は工学資源学部機械工学科でナノテクノロジーの研究をしていました。メカニック系の職種に就く卒業生が多い中、モノづくりには興味があったものの、一部を作るだけの仕事より、提案から引き渡しまで関わりながら、全体に立ち会える仕事を希望。最後は国内トップクラスの実績を背景とした経営の健全性と成長性が決めてとなり、建装工業に入社しました。

現在の仕事内容

現在の仕事内容

入社以来、首都圏にあるマンションの大規模修繕工事の受注を担当する部署で営業を務めています。主なお客様はマンション管理組合様。長年取引している設計事務所や管理会社から紹介を受けるケースがほとんどです。受注に欠かせないのは工事に関する専門知識と誠実さ。お客様が提示した要件を満たす見積と提案を作成するためには、営業であっても工事の知識が必要です。さらに、専門知識がないお客様に分かりやすく誠実に回答することで人柄が評価され、工事の受注につながります。
仕事で心がけているのは、レスポンスを早くすることです。見積依頼を受けると、塗料メーカーに材料単価を確認したり、防水メーカーに同じ金額でより良い商品がないか問い合わせるなど、協力業者との連携が不可欠です。その際、時間があれば詳しく調べられますし、関連資料を取り寄せることもできる。その結果、満足度の高い提案を行うことができれば、受注確率が高まります。だからこそ、常に早め早めの対応を意識しています。

無事故で何事もなく竣工した時の嬉しさ

無事故で何事もなく竣工した時の嬉しさ

日常的に社会貢献度の高さを実感できるところにやりがいを感じます。例えば、手すりや廊下の床シートなど、目に見える箇所の変化はお客様に気づかれやすいため、喜ばれることが多々あります。嬉しさのピークを迎えるのは、工事が無事故で何事もなく終わった時です。竣工引き渡しの際、直接お褒めの言葉をいただくことも多いですね。そして自分自身のことではないのですが、お客様アンケートで現場代理人を褒められるのも嬉しいことの1つです。着工後は節目で現場に行くことはありますが、基本的に現場代理人にお客様対応を任せているため、信頼して仕事を任せていた現場代理人の活躍ぶりが評価されていると、自分のことのように嬉しい気持ちでいっぱいになります。

資格取得により仕事の幅を広げたい

資格取得により仕事の幅を広げたい

将来的には一級建築士の資格取得を目指しています。営業として必須の資格ではありませんが、建築業界で最高峰の資格である一級建築士を取得すれば、仕事の幅が広がると感じたからです。実は、施工管理で活躍している同期が一級建築士を取得したことに触発されたのもあります。私の同期は大半が施工管理として現場工事を熟知しており、入社以来、現場で経験を積んできた同期と、3ヶ月の現場体験を経て営業をしてきた私とでは、現場の経験値と知識量に大きな差があります。当社は相談や質問があればその都度確認しやすい環境で、超高層マンションならこの人、団地ならこの人、この材料のことならこの人に聞けばいい、といった情報が集めやすいですが、いつも聞いてばかりではなく、私自身が何かに専門性を持っていることで、提案の説得力が増すと感じています。今後、営業としてステップアップしていくためにも資格取得を目指して頑張ります。